2013年01月15日

意 130115-3 国内外・卵子バンク、始まる。/任天堂ソフトで「児童案件」? そんなはずは・・・。

 
 
・国内外
 
 
○ 卵子バンク
 
 
不妊治療熱の高まりを受け、民間団体が「卵子バンク」の運営を開始すると発表。
※ただし、高齢出産の希望者には利用できず、医学的な不妊症患者にのみ提供するとのこと。
【共同】
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011401001464.html
 
 
やること自体は、悪くないのです。
 
 
ただ、気になることを列挙すると・・・、
 
 管理が適正かどうか
 「国籍・人種で分けるな」という(在日の)声に抗えるか不安
 そこに付け込まれて、「中国の漢民族融和策」に悪用される懸念。
 
 
このほかにも、いろいろ「思うこと」はありますが、こうした行動自体は素晴らしいものだと思います。
 
むしろ、一般に提供するような団体の方が、上述の3つの点をクリアしやすいということはありますが・・・。
日本である以上、厚労省も絡むため、困難も多いのでしょう。
 
※少子化担当相は、(職権濫用で地元優遇などする前に、)こうした事業の「一般提供」の実現に動くべきです。
 
 
 

 
 
○ Javaスクリプト
 
 
Java最新版(7版)について、致命的なセキュリティホールが見つかる。
制作会社のオラクル社(米国)が大急ぎで修正版をつくり、クラッキングに「警告」が出るように改良される。
【朝日】
http://www.asahi.com/science/update/0114/TKY201301140193.html
 
 
旧版を使っている人は、あまり関係の無い話です。
 
なお、セキュリティーを気にする方は、検索してアップデートを。
 
 

 
 
○ ・・・マジ?
 
 
ソーシャルゲームを運営する、グリーの関係者(元社員)が、
自社コンテンツで起きた「児童がかかわる事件」よりも、任天堂ソフト(旧「どうぶつの森」など)が原因で起きる事件の方が多い
・・・と、具体的なソフトを挙げて、隠れた犯罪事実の指摘をするツイートを行った模様。
【ガハろぐ(2ch)】
http://gahalog.2chblog.jp/archives/52162969.html
 
 
仮に事実なら、極めて大変なことです。・・・・・事実なら。
 
 
そうでなかった場合、虚偽の事実を流布したことになります。
 
自社のコンテンツによる性犯罪を防ぐために、更なる対策が必要である
・・・という話題をごまかすために、こうした虚偽の情報を出させたとしたら、極めて悪質であるといえます。
 
こういった体質の企業には、事情は望めませんので、「行政による規制」が必要になってしまいます。
 
 
 
もちろん、このツイートが事実である可能性もあります。
その場合は、任天堂側に是正圧力が掛けられることになります。
場合によっては、適切な指導もされるのでしょう。
 
なお現在、当該原文は、逃げるかのように削除されています。
 
このままこの件に関して公式な発表が無いと、ソーシャルゲーム業界の企業体質を疑わざるを得なくなります。
 
 
 
さておき。
児童の性犯罪に関連し、昨年末にNHKがLINEなど通話アプリの問題を特集していました。
(参考)【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/1225.html
 
 
「児童保護」について、本質的に対策をするなら、ソーシャルゲームのみならず、こうしたアプリについても、(業界が萎縮しないような方法で)規律を作る必要があります。
 
 
 


 
 
以上
 
posted by tomfur at 06:54| 「意」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする